あごだしやめんつゆを使って野菜を調理

あごだしやめんつゆで苦手な野菜を克服

トビウオの出汁

先日、九州に住んでいる友人からあごだしというものが送られてきました。
あごだし…聞いたことがある方もいるかもしれませんが、おそらく全国的にはあまり知られていないかもしれません。

あごだしとは、トビウオの出汁のことです。
九州地方では、トビウオのことをアゴと呼んでいて、そのアゴを感想させたものを出汁にしたのがあごだしと呼ばれるようになりました。
あごだしは、昆布やかつお節で作られた出汁よりも上品で味が深く、出汁のなかでは高級品として扱われています。
最近では、よくテレビ番組などでも紹介されるようになり、徐々に人気が出てきてい出汁だと思います。
あごだしはどんな料理にも合いますし、どんな料理でも美味しく出来上がっちゃうという本当に素敵な調味料などです。
夏場なんかは、よくそうめんを食べる方が多いと思います。
一般的にはめんつゆにそうめんを付けて食べますよね?
しかし、そのめんつゆの代わりとして使うこともできます。
市販されているめんつゆというのは、たまに変な臭いがするものがあったり、人によっては好みがわかれると思います。
そんな時はトビウオの出汁を使えが解決です。市販されているめんつゆよりも何倍も美味しくそうめんを食べる事ができます。
また、その他にも野菜などにも合いますので、野菜炒めなどをする際の隠し味としてちょっとふりかけるだけでも野菜の味がガラッと変わります。
野菜嫌いなお子さんがいる家庭などは、あごだしを使って野菜炒めをすればきっと子供の野菜嫌いも克服できると思います。

オススメ情報


Comments are closed.

© 2014 あごだしやめんつゆを使って野菜を調理

Designed by Web Hosting -- Made free by Experten and Digital Photo Frames